CSR情報発信
12345
2013/02/26

神奈川コラボレーションフォーラム2013開催 3/16(土)

| by:admin


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 神奈川コラボレーションフォーラム2013

=組織や垣根を越えたチームづくりが新しい社会をつくる=

-------------------------------------------------------------------

 2013年3月16日(土)13:30-17:00@横浜シンポジア(日本大通り)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    http://yokohama.etic.or.jp/forum2013/index.html

 

 

いまもまだ爪痕を大きく残す大震災から、2年が経ちました。

あの日を境に、今暮らしているこの場所で、「自分は何ができるだろう」と改めて社会や地域との接点や自らの役割について考えるようになった方も多いのではないでしょうか。

 

神奈川にも、地域に潜む課題に着眼し、様々なステークホルダーが手を携えて、解決を目指している素敵な「チーム」がたくさんあります。

 

『神奈川コラボレーションフォーラム2013』では、基調講演に、被災当時より東北にて復興支援に携わっておられる藤沢烈氏を迎え、被災地で今生まれている新しい協働の形を事例を交えながらご紹介頂きつつ、後半の分科会では、地元・神奈川にフォーカスし、地域の課題解決に挑戦している方々の取組みを伺っていきます。

 

事例を聞きながら、「自分は何ができるだろう」と共に考え、みなさまそれぞれの次なる第一歩のきっかけとなるような時間をご一緒できたらと思っています。


 

●基調講演 『被災地で生まれはじめた組織を越えた協働』 

        藤沢烈氏 / 一般社団法人RCF復興支援チーム代表理事

  



●Session A  問題意識を共有することで、組織を越えた社会システムづくりに挑戦する起業家たち

パネリスト

・宮治勇輔氏 / NPO法人農家のこせがれネットワーク代表

・小島希世子氏  /  株式会社えと菜園代表取締役

・石井正宏氏 / 株式会社シェアするココロ代表

 



●Session B 企業が本業を通じて挑戦する地域課題解決プロジェクト

パネリスト

・石橋匡光氏 / 株式会社三崎恵水産取締役

・市毛直子氏 / グランコーヨー株式会社

・市村彰氏 / 相鉄不動産販売株式会社・株式会社ネイト

 



●Session C 支える・支えられるの枠を超えてみんなが主役。相互に助け合う地域コミュニティ

パネリスト

・中野しずよ氏 / NPO法人ワーカーズわくわく理事長

・田代美香氏 / NPO法人ぐらす・かわさき理事・事務局長 

・早川秀樹氏 / 多文化まちづくり工房  

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ 開催概要

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日時:2013年3月16日(土)13:30-17:00

場所:横浜シンポジア(みなとみらい線日本大通り駅徒歩5分))

   神奈川県横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル9階

定員:100名

参加費:無料 ※16:05より任意参加での交流会を予定(参加費1,000円)


タイムライン:

  13:30から 開会(受付開始・開場は13:00から)

  13:45から 基調講演

   < 休 憩 >

  14:55から 分科会(SessionAからC)

  16:05から 閉会後、挑戦者たちの大交流会(任意参加)

     17:00  終了予定

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ タイムラインの詳細

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 ◆開会  13:30から(開場は13:00から)

 ◆第一部 基調講演 13:45-14:45

 『被災地で生まれはじめた組織を越えた協働』 

        藤沢烈氏 / 一般社団法人RCF復興支援チーム 代表理事

 (略歴)

  飲食店経営、外資系コンサルティング会社勤務後、NPO・社会事業・ ベンチャービジネス設立に特化したコンサルティング会社を経営。

  3.11後は、RCF復興支援チームを立ち上げ、震災関連情報の調査・分析や、復興事業立案、コーディネイトを行う「復興支援プロデューサー」 として活動している。復興庁政策調査官、文部科学省教育復興支援員も兼務。

 

 <          休      憩           > 

 

 ◆第二部 14:55-15:55

  ※Session AからCの3つの分科会に分かれ(申込時、事前選択)

   パネルディスカッション形式で行ってまいります。

   パネリストは一部変更になる可能性がございます。

 ------------------------------------------------------------------

 ●Session A  問題意識を共有することで、組織を越えた社会システムづくりに挑戦する起業家たち

  パネリスト

  ・宮治勇輔氏 / NPO法人農家のこせがれネットワーク代表

  ・小島希世子氏  /  株式会社えと菜園代表取締役

  ・石井正宏氏 / 株式会社シェアするココロ代表

 ------------------------------------------------------------------

 ●Session B 企業が本業を通じて挑戦する地域課題解決プロジェクト

  パネリスト

  ・石橋匡光氏 / 株式会社三崎恵水産取締役 

  ・市毛直子氏 / グランコーヨー株式会社

  ・市村彰氏 / 相鉄不動産販売株式会社・株式会社ネイト

 ------------------------------------------------------------------

 ●Session C 支える・支えられるの枠を超えてみんなが主役。相互に助け合う地域コミュニティ

  パネリスト

  ・中野しずよ氏 / NPO法人ワーカーズわくわく理事長

  ・田代美香氏 / NPO法人ぐらす・かわさき理事・事務局長 

  ・早川秀樹氏 / 多文化まちづくり工房  

 ------------------------------------------------------------------

 ●終わりに 15:55-16:05

 

 ●挑戦者たちの大交流会 

  ※同会場にて16:05-17:00を予定(参加費1,000円/軽食・飲料込)

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ お申込み

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 締 切 】3月6日(水) 

 *定員に達し次第、終了となりますのでお早目にお申込みください。


【申し込み方法】下記WEBサイトより、事前のお申込みをお願いいたします。

 http://yokohama.etic.or.jp/forum2013/

 

 *当該事業は、NPO法人ETIC.が神奈川県より新しい公共支援事業構成事業「多様な主体による交流促進事業」として委託され、実施しております。


………………………………………………………………………………………

主 催 :神奈川県県民局NPO協働推進課 

事務局:NPO法人ETIC.横浜ブランチ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問合せ先:NPO法人ETIC.横浜ブランチ 担当:腰塚

 TEL:03-5784-2115 MAIL:yokohama@etic.or.jp

 WEB:http://yokohama.etic.or.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

00:27
2013/02/22

「ヨコハマ地域未来創造ワークショップ」資料作成のコツ編3/25開催

| by:admin


■助成金申請や企業への提案資料。その資料は相手を口説き落とせていますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ヨコハマ地域未来創造ワークショップ =説得力ある資料作成のコツ編=
 
    主催:横浜市経済局  事務局:NPO法人ETIC.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            =起業家の方 先着20名 申込〆切:3月21日(木)=
 
 毎回ご好評を頂いている「ヨコハマ地域未来創造ワークショップ」は、地域社
 会の課題解決のためにビジネスを立ち上げた起業家やNPO関係者の皆様が集まり
 経営実務で必要な知識やスキルを学び合う不定期開催のワークショップです。
 
 今回は、「説得力ある資料作成のコツ」をテーマに、非営利型株式会社ポラリス
 代表の市川氏をお招きし、ヒアリングや統計データ、リサーチ等によって具体的
 かつ正確に地域課題の実態を把握したり、得た情報をもとにステイクホルダーに
 対する説得力ある資料を作成していくポイントについて、お話頂きます。

 また後半は、普段皆様がお使いの営業資料や企画書をもとに、よりわかりやすく
 インパクトある資料作成のためにグループで相互アドバイスの時間を取ります。
 
 ◇「資料をまず送付してください」といわれて送るもののそれきりになりがちである。

 ◇「共感」だけの資料で、「裏付けデータ」がないため、説得力にかける。

 ◇「想い」だけでなく「事業」として伝わるパンフレットの必要を感じている。
 
 …等のニーズを抱えた皆様に、ぜひお受け頂きたい内容です。
 皆様のご参加をお待ちしております!

 <<開催概要>>

 日時:2013年3月25日(月)18時30分-21時00分 (開場:18時15分)
   
 会場:横浜市技能文化会館603号室(JR/ブルーライン関内駅より徒歩5分)
    http://gibun.jp/access.html
 
 対象:地域の課題解決ビジネスや、資源活用型ビジネスを立ち上げている方で
    「情報収集や情報整理に関するスキルアップ」の機会を欲している方。
    ※社会課題や地域課題をデータや統計を活用しながら資料化&情報発信
    することに取り組みたいNPO関係者、大学生等の参加も歓迎します。
    ⇒普段、お使いの営業資料や企画書、パンフレット等をご持参下さい。
    
 定員:20名
 講師:非営利型株式会社ポラリス 代表 市川望美氏
    http://polaris-npc.com/

 会費:資料代1000円
 申込:メール末尾に記載

 <<講師経歴>>

 市川望美氏(非営利型株式会社ポラリス)
  1972年生まれ、世田谷区在住。短大卒業後IT系企業に就職。2002年長男出産後、
  地域子育て支援に出会い、子育て支援グループamigo 、NPO 法人せたがや子育
  てネット、アミーゴプリュスLLCなどで当事者による循環型の子育て支援に従事。
  年子の子育てしながら得た新しいキャリアを発展させるため、2011年からは地域
  における多様なはたらき方を実現するための事業をスタート。子育て支援コーデ
  ィネーター、カラーセラピスト。コミュニティビジネスアドバイザー、駒澤大学
  経済学部非常勤講師(2010年、2011年)。

 <<お申込み>>  
  件名:3/25WS申込(説得力ある資料作り編)
  氏名・所属・メールアドレス・お電話番号・このワークショップに期待することを
  記載の上、yokohama@etic.or.jp宛に、メールをお送りください。

   ※定員に達した場合には、締め切らせていただくこともございますので、
     お早めにお申し込みいただけますと幸いです。
     みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■本件に関するお問い合わせについて
  NPO法人ETIC. 横浜ブランチ
  担当:田中、腰塚
  ( TEL:03-5784-2115       E-Mail : yokohama@etic.or.jp
 NPO法人ETIC.が横浜市経済局より、SB事業者支援事業を受託し、実施しております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★

19:07
2013/01/12

企業が取組むソーシャルビジネスについての講演

| by:admin

■課題先進国、日本。これからの地域社会で企業が果たす役割を改めて考える。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   企業が取り組むソーシャルビジネス

   =地域で必要とされる企業であり続けるための視点?=

 

    主催:横浜市経済局  事務局:NPO法人ETIC.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 =ソーシャルビジネスに取り組む企業・起業家の皆様 申込〆切:1/23=

 

 

 <「いい会社」の定義とは何でしょう?>

 

 

 ・人財の多様化を推進し、ダイバーシティ経営に成功している企業

  ・小さくても世界に誇る技術を持つオンリーワン企業

 ・自然との共生の視点を持ちつつ、第一次産業の再興に向け挑戦している企業

 

 

 …等、取組は様々ながら、日本には100年後の日本社会を見据え、

 誠実かつ着実なビジネスを行っている名も知れぬ企業が多数あります。

 

 

 2008年に創設された「投資は“まごころ”であり 金融とは“まごころ”の

 循環である」という投資哲学をもつ鎌倉投信株式会社で資産運用部長として

  社会を本当に豊かにする価値ある会社に投資している新井様を講師に招き、

 地域で必要とされる企業であり続けるための視点やソーシャルビジネスが

 地域に根差し持続的に発展していくための視点について考えていきます。

 

 

 <<開催概要>>

 

 

 日時:2013年1月25日(金)14時00分-16時00分 (開場:13時45分)

   

 会場:横浜開港記念会館9号室(日本大通り駅1番出口より、徒歩1分)

  http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html

 

 

 対象:事業を通じて地域に貢献していきたいとお考えの企業経営者

    CSR広報ご担当者様や、ソーシャルビジネスに取り組む起業家の皆様

 

  内容:「障碍者雇用」「環境共生経営」等、持続可能な企業経営を行う

    国内企業の事例を紹介。これからの企業経営に必要な着眼点や、

    地域社会との共生の在り方について、考え方を提示。

   

 定員:30名

 講師:新井 和宏氏(鎌倉投信株式会社取締役、資産運用部長)

 会費:資料代1000円

 申込:メール末尾に記載

 

 

 <<講師経歴>>

 

 

  新井 和宏氏(鎌倉投信株式会社取締役、資産運用部長)

 http://www.kamakuraim.jp/index.html

 

 1968年生まれ、東京理科大学工学部卒。

 日系信託銀行、外資系投信投資顧問会社等を通じて15年以上にわたり企業年

 金・公的年金などを中心に、株式、為替、資産配分等、多岐にわたる運用業

  務に従事。2008年11月に鎌倉投信株式会社を創業。資産運用部長に就任し2010年3月

 より運用を開始している投資信託「結い 2101」の運用責任者として活躍して

 いる。「いい会社をふやしましょう」を合言葉に、日本中を飛び回り社会を

 本当に豊かにする価値ある会社を探し求めている。

 

 

 <<お申込み>> 下記URLより、ご登録ください。

http://socialport-y.jp/?p=694

 

 

   ※定員に達した場合には、締め切らせていただくこともございますので、

    お早めにお申し込みいただけますと幸いです。

    みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■本件に関するお問い合わせについて

  NPO法人ETIC. 横浜ブランチ

  担当:田中、腰塚

  ( TEL: 03-5784-2115 E-Mail : yokohama@etic.or.jp

 NPO法人ETIC.が横浜市経済局より、SB事業者支援事業を受託し、実施しております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★

09:37
2013/01/07

Yokohama Changemaker's CAMP 2012 最終報告会

| by:admin

●3か月間のプロボノ・先輩経営者との協働は、
 起業家に何をもたらしたか。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  Yokohama Changemaker's CAMP 2012 最終報告会
  =9 名の起業家による「成長の軌跡」のプレゼンテーション=
 ----------------------------------------------------------
            2013年1月24日 (木)18:00-21:20@桜木町
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
              http://yokohama.etic.or.jp/camp/
 
地域のお悩み・お困りごとの解決や
「もっとこういう地域になっていけばいいのに…」という願いを
誰かの手にゆだねず、自分事として捉え真剣に取組んでいく―。

そのような意識をもった人達を横浜から輩出し、
横浜をさらに住みよい街にしていくべく昨年度から始まった取組みが
『Yokohama Changemaker's CAMP』です。

今年も第2期メンバーとして横浜市内で活動している9名の
 起業家の皆様を核として「異業種混合、起業家応援チーム」を編成。

専門家や先輩企業経営者から成るメンター陣が集い、
定期的に相談ができる『ブラッシュアップミーティングコース』と、
社会人有志のプロボノが、社会課題の現状把握や方向性のリサーチを
行う『リサーチコース』。 
そして、専門家による団体の知見抽出、さらには知見を広く共有する
ためのナレッジツールを作成する『応援サロンコース』の3コースを
 実施し、約3か月間サポートを行ってきました。
  
「異業種混合、起業家応援チーム」に加わってくださった皆様は、
総勢約30名あまり。昨年同様、それぞれの知見を持ち寄り議論を重ね、
時にぶつかり、時に励ましあう・・でも、その根底にあるのは、
「ともに横浜をより良くしていきたい」という強い想い。

その想いが昇華する場が『Yokohama Changemaker's CAMP』です。

 今回の最終報告会では、CAMP選出の9名の起業家による話題提供と、
起業家の支援に携わったプロボノの皆様によるコメントを中心に
起業家とプロボノ、先輩企業経営者との協働による
お互いの成長について考えていきます。
 
ソーシャルビジネスの今や「協働」に関心があるという方は
もちろん、地域の人々を巻き込んで事業を促進していきたい、
という起業家の皆様にお越しいただければ幸いです。

※『Yokohama Changemaker's CAMP』
 プログラムの詳細はこちら→http://yokohama.etic.or.jp/camp/

――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■タイムライン■
――――――――――――――――――――――――――――――――
日時 :2013年1月24日 (木)18:00-21:20
場所 :のげシャーレ 小ホール(野毛にぎわい座地下1階)  
    JR京浜東北線/市営地下鉄 桜木町駅 徒歩5分
    http://www.yaf.or.jp/nigiwaiza/map.html

17:45 開場
18:00 オープニングセッション
18:10 ブラッシュアップコース成果発表会
18:40 応援サロンコース成果発表会
19:00 休憩
19:10 リサーチコース発表
20:10 アンケート記入 交流会のご案内
20:20 軽食を楽しみながらの交流会(任意参加)
21:20 終了予定
 
<YOKOHAMA Changemaker's CAMPにご参画頂いた起業家の皆様>

●ブラッシュアップコース●
 
NPO法人五つのパン
理事 岩永 敏朗氏
「シニア交流拠点を活かし、市民が市民を支え合い
高齢者が安心して暮らせる町を創る」
http://www.five-breads.com/

NPO法人きらら☆らんど
代表 斉木 葉子氏
「子育てママが社会とのつながりを創れる仕組みを創出する」
http://kiraraland.com/
 
株式会社裏面広告どっとこむ
代表 長谷川 史洋氏
「裏面広告という手法で、地域ぐるみの‘こどもの教育環境改善’
への取り組みを推進する」
http://www.uramenkoukoku.com/index.html
  
●応援サロンコース●

みんなのキッチン
代表 有澤 つあ子氏
「食の仕事を目指す人たちのチャレンジの場づくりと、
食を通じた地域コミュニティ作り」
http://www.dassama.com/das/?cat=25
 
NPO法人ハッピーマザーミュージック
代表 鈴木 美美子氏
「音楽と子育てする幸せ♪0~3歳児と子育てママがともに響き合う
場づくり支援」
http://happymothermusic.net/

●リサーチコース●
 
株式会社Kaien
代表 鈴木 慶太氏
「発達障がいやその悩みを抱える大学生の就職活動の現状を分析する」
http://www.kaien-lab.com/

合同会社Jamming
代表 高橋 慶氏
「規格外野菜’ブ野菜’を、農家の手間をかけずに、流通させる」
 http://portal.buyasai.jp/

株式会社フレスコ
代表 花田 寛明氏
「被災地・石巻と横浜をつなぐ新しい流通システムの可能性を探る」
http://www.frescoweb.co.jp/revival/index.html
 
株式会社モノ・アーキデザイン
代表 深見 勝広氏
「障がい児者やその家族にとって、暮らしやすい家を考える」
http://www.facebook.com/monoarchidesign.co.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■開催概要■
――――――――――――――――――――――――――――――――
日時 :2013年1月24日 (木)18:00-21:20
場所 :のげシャーレ 小ホール(野毛にぎわい座地下1階)  
    JR京浜東北線/市営地下鉄 桜木町駅 徒歩5分
    http://www.yaf.or.jp/nigiwaiza/map.html
参加費:無料(交流会参加ご希望の方は1,000円を申し受けます。)
定員 :50名
対象 :横浜市内の社会起業家の取り組みに関心がある方
    メディア関係者の方、プロボノや市民協働に関心のある方等 
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■申し込み方法■ 
――――――――――――――――――――――――――――――――
下記URLから、お申込みいただけますと幸いです。
 http://socialport-y.jp/?p=742

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇お問い合わせ NPO法人ETIC.横浜ブランチ(担当:田中・望月・腰塚)
 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
  TEL:03-5784-2115     
 MAIL:yokohama@etic.or.jp
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

11:48
2012/11/06

ヨコハマ地域未来創造WS 社会的事業・NPOのお金の回し方編 11/28開催

| by:admin

■資金調達、会員制度、脱助成金…「お金まわり」のお悩みを一気に問題解決!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ヨコハマ地域未来創造ワークショップ =社会的事業・NPOのお金の回し方編=

     主催:横浜市経済局  事務局:NPO法人ETIC.

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             =起業家の方 先着50名 申込〆切:11月26日(月)=

  毎回ご好評を頂いている「ヨコハマ地域未来創造ワークショップ」は、地域社
  会の課題解決のためにビジネスを立ち上げた方やNPO関係者の皆様が集まり、
  経営実務で必要な知識やスキルを学び合う不定期開催のワークショップです。

  第5回目となる今回は、「お金まわりのお悩み解決」を目指し、2回連続での
  ワークショップを行います。(2回目は希望者のみの20名限定で行います。)

  ◇助成金がきれてしまう前に、新たな事業収入の方向性を模索したい。
  ◇会員制度を作りたいと思っているが、考え方のポイントを押さえた上で、
   他の社会的事業や、NPO等の事例を参考に組み立てていきたい。

  …等のお悩みを抱えた皆様に、ぜひお受け頂きたい内容です。

  2回目の「集中ゼミ」ご参加希望の方は、1回目終了時に提示される事前課題に
  必ず取り組んでいただきご持参のうえ、ご参加ください(要事前お申込)。

  <<開催概要>>

  日時:2012年11月28日(水)18時30分?21時30分 (開場:18時15分)

    ※12月4日(火)の18時30分?21時30分に希望者のみ個別相談に
    講師が応じる「集中ゼミ」を予定しています(課題あり)。
    2回目のみの出席はできません。
    2回連続での受講を希望される方は必ず下記フォームよりご登録ください。

  会場:横浜開港記念会館6号室(日本大通り駅1番出口より、徒歩1分)
     http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html

  対象:地域の課題解決ビジネスや、資源活用型事業を立ち上げている方で
     資金繰りや会員制度設計について、学びたい方。

  内容:ソーシャルビジネス、NPOの資金調達をめぐる課題についての問題提起
     自団体の現状分析、グループでのシェア、先輩起業家の事例から学ぶ

  定員:50名(⇒12月4日(火)の「集中ゼミ」は20名限定です。)

  講師:立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授 坂本 文武氏
     http://www007.upp.so-net.ne.jp/bumbu/index.html

  会費:資料代1000円(1回目の時に徴収、2回目は資料代なし)

  申込:メール末尾に記載のWEBよりご登録ください。

  <<講師経歴>>

  坂本 文武氏(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授)

  米国大学院にて非営利経営修士過程を修了後、米国NPOの経営コンサルティングを
   経て、2001年より企業の社会的責任を推進する経営コンサルティングのほか、
   企業の広報コンサルティングを行う。併せて、立教大学にて組織論を中心に教鞭
   をとる。著書に『NPOの経営』、『ボーダレス化するCSR』、『環境CSR宣言―
   企業とNGO』等。日本NPO学会理事、ガールスカウト日本連盟評議員のほか、
   神奈川県や神奈川県藤沢市、東京都中野区の行政委員などを務める。

  <<お申込み>> 下記URLより、ご登録ください。
    http://socialport-y.jp/event/201210/individual366.html
    ※定員に達した場合には、締め切らせていただくこともございますので、
      お早めにお申し込みいただけますと幸いです。
      みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■本件に関するお問い合わせについて
   NPO法人ETIC. 横浜プロジェクト
   担当:田中、腰塚
   ( TEL:03-5784-2115       E-Mail : yokohama@etic.or.jp
  NPO法人ETIC.が横浜市経済局より、SB事業者支援事業を受託し、実施しておりま
 す。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★

10:20
2012/10/22

共創オープンフォーラム2012 11/19開催

| by:admin

===================================================◆

   =共創オープンフォーラム2012=

   『次世代に継ぐ、公民連携で創る横浜郊外部のまちづくり』

   

        11月19日(月)開催のお知らせ

◆===================================================◆

 横浜市政策局共創推進室から、参加者募集に関するお知らせです。

 

 

【開催テーマ】

  『次世代に継ぐ、公民連携で創る横浜郊外部のまちづくり』

 =誰もが住みたくなる、住み続けられる「環境未来都市・横浜」を目指して=

               

【日時】

 2012年11月19日(月) 14時00分-17時30分(開場13時30分)

                交流会 17時30分-18時30分

【会場】

 パシフィコ横浜 会議センター5F(501・502)

       みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩3分

       JR根岸線桜木町駅より徒歩12分、バス7分   

     http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html

 

 

【主催】

 横浜市政策局共創推進課・政策課、建築局企画課、温暖化対策統括本部環境未来都市推進課

 

 

【開催趣旨】

 全国的な少子高齢化が進行する中、横浜の郊外部については、人口減少、高齢社会を向かえ、

住宅の老朽化、空き家・空き地の発生、地域活力の低下など様々な課題が顕在化しつつあります。

そのため、横浜市では、誰もが住みたくなる、住み続けられる「環境未来都市・横浜」を目指し、

これら郊外部が抱える課題解決に向けたプロジェクトを進めています。

 今回の共創オープンフォーラムでは、基調講演やプロジェクトでの取組事例の紹介を行うとともに、

課題解決に向けた公民連携の可能性等について議論します。

 

【プログラム】

◆第1部 14:00-16:05

☆オープニングスピーチ 横浜市長 林 文子

☆基調講演

・「共創・協働ですすめる次世代郊外まちづくり」

 東京大学工学部都市工学科准教授 小泉秀樹氏

・「『環境未来都市・横浜』の目指すもの」

 横浜市温暖化対策統括本部環境未来都市推進担当理事 信時正人

☆事例発表

・「青葉区美しが丘地区での次世代郊外まちづくり=WISE Cityを目指して=」

 東京急行電鉄(株)都市開発事業本部企画開発部統括部長 東浦亮典氏 

・「URルネッサンスin洋光台の取組み」

 (独)都市再生機構神奈川地域支社住宅経営部長 伊藤 功氏

・「住民主体で挑む限界団地=ドリームハイツの試み=」

 NPO法人いこいの家夢みん理事長 松本和子氏

 

 

◆第2部 16:15-17:30

☆パネルディスカッション

 『次世代に継ぐ、魅力ある郊外部に向けた公民連携の可能性(仮)』

○モデレーター

 東京大学工学部都市工学科准教授 小泉秀樹氏

○パネリスト(順不同)

 東京急行電鉄(株)都市開発事業本部企画開発部統括部長 東浦亮典氏

 (独)都市再生機構神奈川地域支社住宅経営部長 伊藤 功氏

 NPO法人いこいの家夢みん理事長 松本和子氏

 横浜市建築局企画部長 秋元康幸  

 

 

◆交流会 17:30-18:30

 

 

【募集定員】

 300名(事前申込先着順)

 

 

【参加費】

 フォーラム 無料

 交流会   先着100名 会費\1,000円

※交流会は、参加希望者のみで、会費制となります

※交流会参加希望者はフォーラム当日受付時に会費のお支払をお願いします。

なお、交流会参加者名簿(企業、団体名のみ)を配布する予定です。

配布する参加者名簿への社名等記載を希望されない方はその旨をお申し出ください。

 

 

【参加申込方法】(先着順)

《その1》横浜市ホームページから電子申請申込みフォームでお申込ください。 

http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/kyoso/forum/20121119.html

【お申し込みはこちら】をクリックしてください

 

 

《その2》・所属企業・団体、役職  ・氏名(フリガナ) ・連絡先 ・交流会の参加の出欠

をお書きのうえ、Eメールにて下記へ直接お申し込みください。

事務局で確認次第、折り返し参加決定のEメールを送付します。

 

 

【問合せ申込先】横浜市政策局共創推進室共創推進課 共創フォーラム事務局

E-mail ss-forum@city.yokohama.jp

TEL045-671-4397 FAX 045-664-3501

 

 

※会場内に、当日参加の企業・団体様が事業PRのチラシ・パンフレット・名刺等を

自由に設置できるコーナーをつくります。ご希望の方は事前にお申し出ください。

 

 

=============================================

【共創フォーラム】とは・・・

 行政と民間の議論と交流の場を創出することで・・・=異なる視点、異なる価値観から

革新的なアイデアを生みだし・・・=相互理解の上で社会的課題を議論し、解決策を導き出す・・・

ことを目指す横浜市政策局共創推進室による試みです。

http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/kyoso/forum/

==============================================

09:36
2012/08/30

社会起業家と共に走る3か月。プロボノリサーチャー募集!

| by:admin

◇◆◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 Yokohama Changemaker's CAMP プロボノ募集説明会
             
------------------------------------------------------------
       2012年9月13日(木)19:00 - 21:00@開港記念会館
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◇◆
                           http://yokohama.etic.or.jp/camp/


買い物難民、商店街シャッター通り、待機児童など私たちの暮らす地域には、たくさんの問題があり、少子高齢化やグローバル化が進む中で、問題はさらに複雑化、多様化しています。

横浜には、このような地域にある社会課題に問題意識や疑問を持ち、「何とか変えていきたい」と事業としてその解決に取り組んでいる社会起業家がたくさんいます。

そんな起業家と“期間限定!社会人サポートチーム”として、3か月間、共に問題解決に取り組んでみませんか?


Yokohama Changemaker's CAMPでは、社会起業家の取り組むテーマについて、起業家と社会人プロボノが一緒に問題の実態を調査、分析し、その解決策を議論するリサーチプロジェクトを立ち上げます。

プロジェクトチームは、横浜市職員と民間社会人の混合チーム。
様々な視点を持ったメンバーが、現場に足を運び、様々な人の声を聞きながら起業家と共に、課題解決に何が必要かを探っていきます。


◎働きながら地域に貢献できることを探したい
◎自分の関心のある分野に関わってみたい

◎異業種の社会人と一緒にプロジェクトに取り組みたい


特別なスキルは必要ありません。
プロボノに興味のある方や、横浜で地域に根付いた取り組みをしてみたい方、ぜひ説明会に足を運んでみて下さい!
ご参加お待ちしています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■: 開催概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日 時】2012年9月13日(木)19:00 - 21:00

【会 場】開港記念会館 9号室
     http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html

【参加費】無料

【定 員】50名

【対象者】プロボノに興味のある方
     働きながら、横浜の地域をフィールドに貢献したい、取り組みたい方
     (民間、行政職員どちらも歓迎です)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■:タイムライン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

19:00? プロボノによる社会課題リサーチの意義とは

19:25? Yokohama Changemaker's CAMPプログラム説明
        
19:45? プロボノ経験者によるパネルトーク
     ?なせ私たちはプロボノに参加したのか?

20:30? 本年度の参加起業家&プロジェクト紹介

21:00  終了予定


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■:お申し込み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記URLのエントリーフォームよりお申込み下さい。

http://socialport-y.jp/event/201208/individual333.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■:例えばこんなプロジェクト…《2011年度事例》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●障がい者・作業所への支援事業「ムイットボン!」
 =アーティストが仕掛ける、地域エンパワメント。
  ワークショップを通じて、福祉作業所と地域社会の橋渡しを担う=
           
横浜市内の障がい者や作業所を取り巻く実情を調査・分析すると同時に、実際に「ムイットボン!」の行う作業所でのワークショップに参加したり、作業所の方々や、障がい者支援センター、横浜市など様々な関係者にヒアリングしたりすることを通じて、障がい者の方々がもっと楽しみながらできる仕事を増やすには、「ムイットボン!」が果たすべき役割は何か?
を3か月間、起業家を中心にリサーチチームで、調査、分析、議論してきました。 


●参加起業家:ムイットボン!上田さんの感想

このプログラムに参加して、ムイットボン!は生まれ変わったといってもいいくらいに、変化がありました。感謝しても、しきれないくらいです。
社会を変える力に必要なのは「起業家(雑草)」ではなく「育てる人(太陽と大地)」なんじゃないかと感じました。 


◆今年どのようなプロジェクトを募集するかは、 9/7(金)頃より決定次第、WEBにて情報をUPして参ります。
 お楽しみに!         


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇主   催 :横浜市経済局 
◇お問い合わせ:NPO法人 ETIC.(エティック)担当 腰塚
        〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
               TEL:03-5784-2115      / FAX:03-5784-2116
               http://www.etic.or.jp / E-Mail : yokohama@etic.or.jp

※当該事業は、NPO法人ETIC.が横浜市経済局より
  SB事業者支援・支援体制強化事業を受託し、実施しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

15:32
2012/08/20

難しい時代を生き抜くために =経営戦略としてのNPO との協働 =

| by:admin

ご覧ください。!!
「難しい時代を生き抜くために =経営戦略としてのNPO との協働= 」

NPO 法人産業クラスター研究会様の会報に、横浜市立大学CSR センターLLPセンター長の影山摩子弥が投稿しました。
CSRについて短い文章で、分かりやすく書いていますので、是非ご覧ください。

『広報誌「ぶどうのささやき」14号(PDF)1.1MB』

22:19
2012/08/16

企業CSRご担当者必見!! NPOとの協力で地域貢献を進めませんか。

| by:admin

CSR横浜登録会員の皆さま

 

日本初の地域CSRのポータルサイト『CSR横浜』の運営に参加している、横浜市立大学の影山摩子弥です。

CSR横浜』では、企業の取り組みをより効果的なものにするために、CSR取り組む企業とNPOとのマッチングを促進する取り組みを進めています。

その取り組みの一環として、CSRに取り組む企業のみなさんが、連携するNPOを探す際の参考になるように、「NPOから企業のみなさんに<提供できるもの・こと>」および「NPOから企業の皆さんに<求めるもの・こと>」を閲覧できるページを立ち上げました。以下のページです。

https://www.csr-yokohama.net/npo/npo_2.php

 

例えば、「提供できるもの・こと」としては国際協力関連のNPOや子育て関連

NPOによる「市場調査協力」、「外国人労働者の受け入れサポート」などなど、「求めるもの・こと」ととしては、「イベント協力」「会議室の提供」「書棚」「運営資金の寄付」などなどのように、様々な内容です。

 

CSRに取り組む企業の皆様におかれましては、是非、このデータベースの情報をご活用ください。意中のNPOが見つかった際には、データベースに掲載されている団体に直接ご連絡いただくことも可能です。

協力関係ができた場合には、誠にお手数ですが、メールで結構ですので、お手すきの際にでも、『CSR横浜』運営事務局までご連絡頂けましたら幸いです。

 

連絡方法:https://csr-yokohama-ns.sakura.ne.jp/htdocs/?page_id=29 にアクセスしてください。メールフォームが開きます。 (担当:齋藤)


22:22
2012/07/28

Yokohama Changemaker's CAMP 2012 =第2期エントリー受付開始!=

| by:admin

地域課題解決や資源活用型ビジネスを応援する実践型プログラム。

Yokohama Changemaker's CAMP 2012 第2期エントリー受付開始!

募集期間:8月1日(水)?8月20日(月)
 http://yokohama.etic.or.jp/camp/
 
横浜でソーシャルビジネスに取り組む事業者の皆様を 応援するプログラムが、今年も帰ってきました!

有識者や、ソーシャルビジネスの先駆者、プロボノなど横浜市内の様々な立場の皆様を応援団に迎えて短期集中型で事業を磨いていく3か月間。
抱える悩みによって3つのコースからお選び頂けます。

地域の様々な人達の協力を得ながら、事業を磨いていきたいとお考えの事業者のみなさま、ぜひこの秋一緒にチャレンジしてみませんか?

社会起業家、中小企業、NPO法人、などソーシャルビジネスに取り組む事業者の皆様のご応募を、お待ちしております!

※詳細はこちら→http://yokohama.etic.or.jp/camp/
プログラム実施期間は2012年10月から2013年1月までを予定しています。

===============================
■エントリー開始に伴い、
「Yokohama Changemaker's CAMP 2012 第2期 前夜祭」を開催します。

日  時 : 8月7日(火)18:30?
場  所 :  横浜市開港記念会館 9号室
⇒http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html
(みなとみらい線日本大通り駅 徒歩1分)
対  象 : エントリーを考えるソーシャルビジネス事業者の方
       プロボノとしてソーシャルビジネスを応援したい方
       横浜のソーシャルビジネスの今を知りたい方…等    
参 加 費 : 無料
参加方法 : WEBサイト「ソーシャルポート・ヨコハマ」より
 ⇒http://socialport-y.jp/event/201207/individual305.html

===============================

――――――――――――――――――――――――――――――――
■■プログラム内容
――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ブラッシュアップミーティングコース

  市内の経営者や大学関係者など各分野のプロに相談をしながら、事業プランそのものをブラッシュアップしていくコース。
(※ブラッシュアップコースは創業2年以上が経過している団体に限ります)

ビジネスモデルや広報戦略など、直面している課題についてアドバイスがほしい!
取り組みをさらに発展させるために協業相手を相談したい!等事業プランのブラッシュアップや連携先を探したいというご希望をお持ちの事業者の方向きコースです。

◆リサーチコース

若手社会人と行政職員の有志からなる「プロボノ」の皆さんで市場調査やニーズ分析などを行い、課題の抽出やターゲットの明確化などにつなげるプログラムです。
本当にサービスを届けたい人はどこにどれだけいるのか?
今の事業がニーズに合っているのか?等 客観的な分析や裏付けを行っていきたいという
ご希望をお持ちの事業者の方向きコースです。

◆応援サロンコース
横浜市内で「働きづらさを抱えた若者・高齢者・障害者・子育て中の母親等の居場所作りのコミュニティ形成」に関わる事業を既に数年間、展開している事業者が、そのノウハウを元に、同分野の事業を異なる地域に立ち上げる後輩を育て、市域でネットワークを形成することを支援するコースです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
■■募集概要
――――――――――――――――――――――――――――――――
募集期間  : 2012年8月1日(水)?2012年8月20日(月)

開催時期  : ブラッシュアップコース、リサーチコース、応援サロンコース
ともに実際のプロジェクトは10月?1月中旬の約3ヶ月です。
 コースによって異なりますが、全日程に参加していただけることが条件となります。
 全て横浜市内(関内周辺)での開催となります。 

選出数   : ◆ブラッシュアップミーティングコース    4件
        ◆リサーチコース             4件
        ◆応援サロンコース                      2件

参加費   : 無料

――――――――――――――――――――――――――――――――
■■応募方法
――――――――――――――――――――――――――――――――

下記HPよりプレエントリーを行った上で、
エントリーシートをダウンロードし、メールに添付のうえ、
ご応募ください。

URL :http://yokohama.etic.or.jp/camp/
宛先:camp-apply@etic.or.jp 【8月20日(月)18:00 〆切】   
件名:CAMP申し込み【団体名】


=================================================================
【主    催】横浜市経済局 

【お問い合わせ】NPO法人 ETIC.(エティック)担当 田中

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
TEL:03-5784-2115 / FAX:03-5784-2116
 http://www.etic.or.jp /  E-Mail : yokohama@etic.or.jp


※当該事業は、NPO法人ETIC.が横浜市経済局よりSB事業者支援・支援体制強化事業を受託し、実施しております。

=================================================================

00:04
12345